ウチヤマテクノロジー

素材研究

自動車のクオリティの高い製品づくりは、まず徹底した素材研究から始まります。
求められるさまざまな条件をクリアする最適な素材は、
数々の最新精密機器による試験を重ねることによって誕生します。


配合設計
ゴム練り
お客様の要求に適合するために様々な薬品を混ぜ合わせ、ゴム練りを行います。


各種材料 データ蓄積
耐熱性、耐油性、低温性などお客様の要求にあわせた配合を100種類以上持ち合わせています。
また過去の配合設計のデータの蓄積により、新しいニーズに対しても短期間で開発が可能です。


評価
顕微赤外分光計
ガスケット・シールなどに含まれる物質をミクロレベルで評価し、高機能素材の開発に役立てます。

万能引張圧縮試験機
さまざまな温度条件下での引張・圧縮性能を評価できます。

張力測定器
ラバーガスケットなどゴム製品の張力を評価します。

ガスクロマトグラフ
あらゆる種類の素材を同定し、常に最新の市場動向を把握しています。

直流磁化特性
試験装置
ABSの回転信号を伝える磁気エンコーダに求められる、磁性材料の磁気特性を確認します。

示差走査熱量計

少量のサンプルで素材の低温性、融点を測定することが出来ます。

 

 


摩擦摩耗試験機
ベアリングシールに求められる、摩擦、磨耗特性をテストピースにより測定出来ます。


Go to TOP