沿革

会社の沿革

明治31年、コルク栓の製造を開始し、「内山コロツプ製造処」を興したのが当社の創業です。その後、数々のコルク製品を開発し、コルク業界ではトップメーカーとなりましたが、この間、合成ゴム部門、合成樹脂部門を加え、今では自動車をはじめ産業機械等に用いられるガスケット・シール材が主力となっています。


明治 31年 (1898) 兵庫県佐用郡に『内山コロップ製造処』を創設、コルク栓の製造を開始
昭和 5年 (1930) 日本で最初に耐油性圧搾コルクの開発に成功し、圧搾コルク板によるコルクジスク及びガスケットの製造を開始
昭和 8年 (1933) 岡山県に炭化コルク板工場(現・岡山第一工場)を建設し製造を開始
昭和 15年 (1940) 炭化コルク板・圧搾コルク板の製造で鉄道省に加え、陸軍・海軍・航空兵器各省の指定工場として認可される
昭和 19年 (1944) 東洋工業(株)(現/マツダ(株))のコルク部門を引き継ぎ、 『東洋コルク(株)』設立
昭和 25年 (1950) 日本で最初にコルクラバーの開発に成功
昭和 26年 (1951) 合成ゴムによるオイルシール、工業用ゴム製品、コルクラバーの製造を開始
紡績用合成ゴムローラーを共同開発し、紡績用の合成ゴム製品の製造を開始
昭和 28年 (1953) 日本で最初に、発泡ポリスチレンの製造に成功
日本で最初にスチームベーキング法による炭化コルクの製造に成功
昭和 30年 (1955) 『内山興業(株)』(現/ウチヤマコーポレーション(株))設立
昭和 31年 (1956) 法人組織となり、名称を『(株)内山コルク工業所』と改める
昭和 34年 (1959) 芯金・合成ゴム一体成型のベアリングシールの開発
昭和 37年 (1962) 『(株)内山コルク工業所』を『内山工業(株)』に社名変更
昭和 41年 (1966) 茅ヶ崎工場にて、王冠及び軟質ウレタンフォームの製造を開始
昭和 44年 (1969) 海外向けベアリングシールの輸出を開始
昭和 47年 (1972) 「タミロン襖」を開発し生産を開始
昭和 48年 (1973) ポリエチレン樹脂(PE)ライナー付き王冠「ポリモード」を開発し生産を開始
昭和 50年 (1975) アメリカのニュージャージー州に『ウチヤマ アメリカ』設立、生産を開始
昭和 52年 (1977) 合成ゴムのガスケット生産を開始
昭和 54年 (1979) ベアリングシール専門工場として『エヌイーシール(株)』設立
昭和 56年 (1981) ハードガスケット専門工場として『ユーサンガスケット(株)』設立、「オパック」の生産を開始
昭和 57年 (1982) 金型専門工場として『ユーサン精密(株)』設立
昭和 59年 (1984) 「圧搾コルク栓」を開発し生産を開始
昭和 61年 (1986) 東京、大阪、富山、名古屋、広島に営業所を設置
昭和 63年 (1988) 『東亜工業(株)』と合弁で、韓国に『東亜技工(株)』(現/東亜内山工業(株))を設立
平成 4年 (1992) 岡山県内に総合研究所「UMC赤坂研究所」完成
平成 7年 (1995) ドイツのデュッセルドルフに欧州事務所を開設
平成 8年 (1996) ポルトガルにて『ウチヤマ ポルトガル』を設立し、生産を開始
平成 9年 (1997)
『ウチヤマ アメリカ』ノースカロライナ州に移転、ガスケットの生産を開始
平成 12年 (2000) ベトナムに『ウチヤマ ベトナム』を設立、生産を開始
平成 14年 (2002) 中国に『青島東亜精密工業有限公司』(合弁)を設立
平成 15年 (2003) 中国に『内山上海国際貿易有限公司』を設立
平成 16年 (2004) 中国に『廣州内山工業有限公司』を設立、生産を始める
平成 20年 (2008) タイのバンコクに『ウチヤマ タイ』を設立
平成 24年 (2012) 『ウチヤマ アメリカ』デトロイトに販売拠点を設立
平成 25年 (2013) インドに『ウチヤマ インディア』を設立
平成 28年 (2016) パラグアイに『ウチヤマ 南アメリカ』を設立


Go to TOP